main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



ハンドルバーを交換したい -交換編-

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルバーの交換の話の続きです。

交換する前に新しいハンドルバーを重ねて置いてみました。 幅の違いがよくわかると思います。 おいおい大丈夫か? ってぐらい違います。



さて作業を開始しましょう。 まずはこのハンドルバー交換の最大の難所、グリップの取り外しです。 グリップなんてカッターで切って新しいグリップにすればいいと思うかもしれませんが、なんてったって我がWのグリップはグリップヒーターです。 今やバイクのパーツの中でもっとも大切なパーツだと思えるグリップヒーターを切り捨てるわけにはいきません。

ではどうするのか? 

ヒートガンを使います。 ヒートガンでハンドルバーを温め、グリップをハンドルバーにとめている接着剤を劣化させて取り外すのです。 気をつけるべくは直接グリップを温めないこと。 グリップがダメになってしまいます。



あぶり始めてしばらくしても、まったくグリップは動きません。 でも辛抱強くあぶること10分。 ようやく、じわーっと動き出すとすぐにスポンと抜けました。 グリップさえ取れてしまえばあとは簡単。 パキパキ外していきます。

バイク ブログランキングへ







ハンドルバーを交換したい −選び編−

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルバーを替えたいなぁ

若いころからの夢と言うと大げさかもしれませんが、スタビライザーがついているハンドルバーをつけたいと思っていたのです。 ひところニンジャの改造の定番だった(と思っている)やつです。 

替えたい理由は、もう少しハンドル幅を狭くしたいからです。 基本通勤での使用なので、今のハンドル幅(850mm)だと、すり抜けに躊躇することが多いのです。 そんなにがんがんすり抜けるつもりは全くありませんが、抜けられるけど抜けないのと、そもそも抜けられないのは大きな違いです。

今のハンドルバーは、ブラッククロームメッキです。 もう少しキラキラ度をあげていきたいと思っているので、今回のハンドルバーはクロームメッキのものか、ステンレスにしようと思います。 早速検索です。



バイク ブログランキングへ







タイヤを交換するにも物語があるのよ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



リアタイヤの摩耗が限界にまで到達しました。 プラットフォームが現れています。



ここまで使って感じたのは、タイヤの溝がなくなると、タイヤは硬くなるということです。

溝があるうちは、潰れるというか歪む余地がありましたが、真っ平らになれば全体的に歪むしかありません。

硬くなると路面の不整の影響を受けやすくなるようです。 ざっくり言って乗りづらくなっていました。

「ああもう限界 タイヤ交換しよう」







バイク ブログランキングへ







クラッチワイヤーが切れた!  ステンメッシュに交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



「クラッチが近い?」

帰宅途中の国道1号線を走っている時に、クラッチがつながる位置がいつもよりグリップに近いことに気づきました。 クラッチワイヤーが伸びてきているのでしょうか。

そうこうしているうちに、はじめにクラッチの異変に気づいた時より、さらにグリップ寄りでつながるようになってきました。 すでにクラッチが切れづらいレベルになっています。 これはなにか異常が起きているよ。

ガソリンスタンドで給油したついでにレバー側のクラッチアジャスターで調整しました。 かなりアジャスターボルトを伸ばして、ようやく普段のクラッチ感を取り戻しました。 これは絶対おかしい。 ワイヤーを固定している何かがゆるんでいる感じがします。 例えばワイヤーが太鼓から抜けかかってるとか。

そこから家までは特に変化を感じなかったので、そのままWにシートをかけてしまいました。

バイク ブログランキングへ







エアフィルターとサイドカバー交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



なんだか不調です。

3500回転前後で、息つく感じと、アクセル操作にリニアに反応しない症状が出ているのです。 これは燃料系か点火系が原因か?

このWを購入して2万キロと少し走りましたが、今までエアクリーナーもスパークプラグも交換していません。 まずはこれを交換して様子をみてみることにしました。

エアクリーナーとスパークプラグをWebikeで注文したのですが、そのとき一緒に頼んだものがあります。 サイドカバーです。

これはデイトナ製で、W1をイメージしたものだそうです。 純正のまるっこいサイドカバーから一転、角のあるデザインで、ウェリントンのアルミタンクにぴったり合うにまちがいありません。

まずはエアクリーナーの交換です。 上が新品、下が撤去品です。 見た目は大して変わりありません。 



Wのエアクリーナーはこんな感じでスロットインです。 簡単です。 



次にサイドカバーです。 今度は上が純正、下がデイトナ製です。 デイトナ製は黒のゲルコート仕上げなのですが、そこそこの品質です。 そこそこって言うと聞こえが悪いかもしれませんが、ゲルコートにしては、そのまま使っても十分いけます。





最近やれてきたかなと思わせるタンクの輝きと同等です。 ただ、おとせない白い点々があったので、そのうち塗ることにしましょう。

取付には、純正サイドカバーからはずしたゴムブッシングを装着して、純正ボルトを利用して取り付けます。



完成です。 サイドカバーがかなり主張していますが、やはり角感がタンクにマッチしていい感じです。



右サイド取り換え前後の比較





左サイド取り換え前後比較





上からのぞいた感じもいいでしょ?



右カバーのアルミのタンクキャップは質感高いです。

左カバーのノブは出っ張り過ぎな感じ。 ピリオンライダーにとってじゃまじゃないだろうか? これはいつか嫁を乗せたときにわかるはず。



サイドカバーなめつつのべベルタワーとタンク。 かっこいい!



今日の逸品はこれ


 



バイク ブログランキングへ







| 1/3PAGES | >>