main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



脳内計算で導き出した異音の原因とは

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



なにかわからない異音の話の続きです。

あいかわらず、カハッ カハッ カハッ という音がしています。 キャブレターのあたりから聞こえているような、いやいや駆動系から聞こえているような。

チェーンを新しくして、音がなくなればチェーンが原因。 なくならなければ別の要因を探ればいい。 そう考えてとりあえずパーツを選んでみます。 

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

ドライブアンドドリブンスプロケットとチェーンの3点で、軽々2万円オーバーじゃないですか。 そんな大金、他のカスタムにまわしたい。 なかなか、踏ん切りがつかずにいたのでした。


バイク ブログランキングへ







謎の異音とオイル漏れ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ある日、ふと気がつきました。 クランクケースの右側、下の方がオイルにまみれて汚れています。 どこから漏れているのでしょうか? この間、ナップスでオイル交換をしてもらった時に、簡単な点検をしてくれていて、その時にはこんなオイル漏れなどなかったはずです。

下からのぞきこんで見ますが、老眼なのでよくわかりません。 眼鏡を持ってきましょう

バイク ブログランキングへ







ステアリングのオーバーホール −ふらつきの改善−

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



「なんだか最近すり抜けしづらい」

路肩のエプロンとアスファルトの境目にタイヤがとられるのです。 これはなぜか?

経験上考えられるのは空気圧の低下です。 ですが空気圧を確認し、正常にもかかわらず、タイヤをとられる感じは直りません。 低速時の安定性もなくなってきました。 これが出るということは、ステムベアリングになんらかの異常が出ているかもしれません。

前回異常を感じてステムベアリングのグリスアップをしたのが2年前です。 そろそろ油切れを起こしているのかもしれません。 早々にメンテナンスしようと思うのですが問題がふたつあります。

1.今回は自宅で整備したいのだが、ジャッキがない
2.今回はアクスルシャフトを抜いてホイールベアリングのチェックもしたい

愛車ミニクラブマンには車載工具としてパンタグラフジャッキが付属していません。 ジャッキどころかスペアタイヤすら無いのです。 




バイク ブログランキングへ







クラッチケーブルのグリスアップ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



朝の通勤時。 今日はいつもよりも車が多い気がします。 ひんぱんに握るクラッチレバーの重さが、軽く左手にダメージを与えてきます。 それほど重いわけではないのですが。

アクセルワイヤーのグリスアップはしたけれど、クラッチワイヤーはまだだったので、クラッチワイヤーもやりましょう!

まずはグリスの出口を確認。 シフトペダルをはずし、スプロケットカバーをはずします。 するとクラッチワイヤーの端部が出てきます。 ゴムのブーツがかかっています。



クラッチレバー側のワイヤーをクラッチレバーからはずして、ワイヤーインジェクターを装着。 ワイヤーグリスのスプレーのノズルをインジェクターに差し込んでグリスを注入します。 




アクセルワイヤーのときは、インジェクターのすきまからもれもれだったのですが、今回はそれほどではありません。 グリスを効果的に送り込めているような気がします。

エンジン側の端部を確認してみると、グリスがぽたぽた落ちてきました。



作業は無事終了。 そもそもそれほど重くなかったので、激変はありませんでしたが、操作感が軽くなったのは間違いなく、快適です。


今日のふた品はこれ


 




 





バイク ブログランキングへ







アクセルワイヤーのグリスアップ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400


アクセルをひねると、ギシギシと音がしだしました。 重さ自体はそれほどではありませんが、放っておくのもよくないだろうから、グリスアップすることにしました。

用意したのはワイヤーグリスと



ケーブルインジェクターです。



ケーブルインジェクターは昔持っていたのに、もうバイクには乗らないかな(なんでそう考えたんだか)と捨ててしまったのです。 ああ、もったいない。 新しく買ったのは、キタコのインジェクターです。

アクセルホルダーをばらしてインジェクターを装着し、グリスのノズルをさしてブシューッ。 まあ実際はこんな風にワイヤーを下向きになんかしていません。




インジェクターからグリスがダダ漏れ(´・ω・`) グリスの粘度が高いのか? インジェクターの精度が悪いのか?

 

インナーワイヤーをしこしこ手で動かして、ようやくキャブレター側からグリス分がにじみ出てきたので終了。 戻し側のワイヤーは、インジェクターが装着できなかったので、隙間に噴射。 いまいち・・・

結局ギシギシという音はおさまらず。 でもよく音を聞くと、どこからなっているのかが判明しました。 キャブレター側のタイコ部分のつけねあたりのワイヤーが、スロットル開閉ハンドル?にこすれてなっています。 黄色の矢印の部分です。



この部分にワイヤーグリスを直接噴霧して音がならなくなりました。


アクセルホルダーを組み立ててアクセルをひねって、その軽さにニンマリ。 操作系の柔軟な動きは、楽しくバイクに乗るのにはかかせませんね。


今日のふた品はこれ









バイク ブログランキングへ







| 1/3PAGES | >>