main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ

ステアリングのオーバーホール −ふらつきの改善−

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



「なんだか最近すり抜けしづらい」

路肩のエプロンとアスファルトの境目にタイヤがとられるのです。 これはなぜか?

経験上考えられるのは空気圧の低下です。 ですが空気圧を確認し、正常にもかかわらず、タイヤをとられる感じは直りません。 低速時の安定性もなくなってきました。 これが出るということは、ステムベアリングになんらかの異常が出ているかもしれません。

前回異常を感じてステムベアリングのグリスアップをしたのが2年前です。 そろそろ油切れを起こしているのかもしれません。 早々にメンテナンスしようと思うのですが問題がふたつあります。

1.今回は自宅で整備したいのだが、ジャッキがない
2.今回はアクスルシャフトを抜いてホイールベアリングのチェックもしたい

愛車ミニクラブマンには車載工具としてパンタグラフジャッキが付属していません。 ジャッキどころかスペアタイヤすら無いのです。 




バイク ブログランキングへ

これはランフラットタイヤ採用しているので、パンクしたら修理できるところまで自走すればいいという考えだからのようです。

前回は会社で整備したのですが、けっこう時間がかかるので自宅でやりたいのです。 今後のことも考えてパンタグラフジャッキを買うことにしました。


もうひとつの問題、前回は工具が足らずにアクスルシャフトをゆるめることができませんでした。 タイヤを外せないとボトムブラケットを完全に抜けないので作業が中途半端になる上に危険をともないます。 今回はスピンナハンドルを用意しましょう。

ということでホームセンターへ。

パンタグラフジャッキは一種類しかなくあっさり決定。 手工具売り場へ向かいスピンナハンドルを探します。

ソケット系の工具がぶらさがっているところにありました。 KTCは高い! たまにしか使わないのにこの値段はちょっと足踏みしてしまいます。 ここはB級品でいいやと思うのですがここでも問題が。

差し込み角が3/8のものはハンドル長が少々短いのです。 前回アクスルシャフトをゆるますことができなかった感覚から言うと、この長さは少々頼りない。 差し込み角が1/2のものの長さなら安心できるのですが、手持ちのソケットの差し込み角が3/8なのでどうせならそちらにしたいじゃないですか。


う〜む

KTCのスピンナハンドルは、3/8のものでもB級品の1/2のものの長さと同じなのです。 なぜだろう? 両者を観察します。 おやおや 差し込みが首を振る部分のピンの太さが全然違います。 KTCのものがあきらかに太いのです。 B級品は細い!

仮にB級品スピンナハンドルの長さ不足を補うために延長パイプをつけて、Wのアクスルシャフトをゆるませようとしたら、このピンの部分がもげる気がします。 ここは安物買いの銭失いは避けよう! 高いけどKTCを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KTC スピンナハンドル BS3E-H 4989433607504 [r13][s1-120]
価格:2231円(税込、送料別) (2017/12/19時点)


 



ステムベアリングのメンテナンス


まずは購入したスピンナハンドルでアクスルシャフトをゆるめることができるのか確認します。 Wはここに六角穴付きボルトを使っています。 スピンナハンドルに六角レンチを取りつけてアクスルシャフトに差し込み、力をいれます。



キュッ と音をたてることもなく、アクスルシャフトはゆるみました。 なんだずいぶんあっさりだな。 確認ができたのでジャッキをかましてフロントタイヤを浮かします。



すっかりばらしたところで、庭で作業するぼくを嫁がみてびっくりしています。



「うわっ バイクばらばらじゃん! 直るの?」

まあ普通の人が見たらそう思うかもしれません(笑)

出てきたステムベアリングです。 ちょっとグリスが黒っぽくなっていますが、特に問題はなさそうに見えます。 



洗浄したベアリングです。 きれいになりました。



新しいグリスを入念に塗りこみました。



バラした逆の手順で組み立てていきます。 大事なのはステムナットの締め具合です。 サービスマニュアルにはトルクが書いてありますが、手持ちのステムレンチはトルクレンチにつけられません。 ていうかそもそもトルクレンチがありません。 なので勘とステアリングの動き具合で調整します。

ステムナットを絞めつけていくと、ステアリングがスムーズに動かなかくなってくるので、そこからステムナットを少しづつゆるめ、しぶさもガタもないところでロック用のステムナットで固定します。 それにしてもこのステムナットレンチは作業性が低い。 次回この作業をする日が来たら、こんなちゃちいやつじゃなくて、しっかりしたステムナットレンチを買おう。

ブレーキキャリパーを取りつけようとしたところでこんなものを発見。



びっくりさせんなよ! カマキリの卵がくっついていました。 たぶんクラッチワイヤーが切れて乗らなかった1か月の間に産みつけられたのでしょうか。 ブレーキ時の熱で卵焼きになってしまっているのは確実でしょう。 それでもほんの少しの期待とともに、はずした卵を庭の花壇におきました。

翌朝。 作業後に試運転をしなかったので、会社へ向けての通勤が初乗りとなりました。 走り出してびっくり。 ハンドルが大きく右を向いています。 組み立て時に気をつけたのですが、フロントフォークがねじれて組上がっています。 走ってて気持ちわりぃ(*_*)

そもそもこのWは、なにが悪いのか気持ち左手が遠いのですが、今日は笑うぐらい左手が遠いのです。 会社で直すしかありません。

夕方。 トップブリッジやボトムブラケットをゆるめてねじれを直しましたが、やっぱり左手は少し遠くにありました。 ハンドルバーそのものが曲がっているのでしょうか? でも、メーターもちょっと右にかしいでいる気がします。 これは宿題としておきます。

今回の作業の効果ですが、低速でのふらつき感はうすまりましたが、ニブリングは直りませんでした。 これはもう原因はひとつしか考えられません。 

このすり減ったリアタイヤを替えるしかありません。

現在の走行距離は39284km



 












コメント
コメントする