main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



チェーンカバーを交換

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



ハンドルを交換して、車両の前方のキラキラ度は高まりましたが、車両の後方のキラキラ度とのバランスが崩れてしまいました。 車両後方のキラキラ度を高めるためには、どうしたら良いのでしょうか。

リアタイヤ周りを眺めます。 リアサスは既にYSSのショックに交換しています。 やはり次に交換するのはこれでしょう。 そう、チェーンカバーです。

今は純正のABS製らしい、もっさりしたチェーンカバーが付いています。 キラキラ度どころではありません、どんより度120です。



そもそもチェーンカバーなんてない方がかっこいい。 ぼく的にはそう思っています。 以前に乗っていたバイクは、チェーンカバーははずしていました。 ですが、なければないで、チェーンオイルが飛び散って掃除が大変そうですし、多分車検的にも何らかの規制があるのではないかと思われます。

調べてみました。






バイク ブログランキングへ

意外にもチェーンカバーはなくても車検に通るようです。 ただし、試験官によっても見解が違うようなので、落ちる場合もあるとのことです。 

仕事柄、こういったその担当者の判断に委ねられる官公署の手続きを行うことがあります。 前の担当者では良かったのに、新しい担当者ではダメ。 そんなこともざらです。 公的な機関がそんなことではおかしいだろう。 そう思うのですが、それが通らないのが現実です。

このブログを読んでいる公務員さんへ 
常に公平で公正な判断と基準の運用を願います

ということで、(どういうことだ?)アフターパーツメーカーからチェーンカバーを探してみましょう。

とはいっても、マイナーなW400のことですから、選択肢はそうありません。

そしてその違いは、チェーンカバーの後端が、くるっとなってるか、シュッとなってるかの違いくらいです。 結局、選んだのはウェリントンのチェーンカバーです。 理由は、ぼくのWはウェリントンのパーツをけっこう使っているということ。 そして最大の理由は、シンプルな構造と大きさです。 やっぱりシュッとしてる方がかっこいいですもんね。

ネットで注文して数日で到着しました。 箱を開けるとステンレスの板を、折りだけで作られた、いさぎよい形状のチェーンカバーが出てきました。



早速交換作業です。 3本のビスを緩めて取り外し、2本のビスを締め付けて取り付けました。 あっさり完成です。

想定通りのキラキラ度アップに、大満足です。 足元の軽快感も高まっています。




 







コメント
コメントする