main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



駆動系の交換にはセンタースタンドだ

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



注文したドリブンスプロケットの発送が1か月半後になるという連絡がきた話の続きです。

そこまでこの異音から逃れられないのは我慢できません。 もう1社、シルバーのスプロケットを出しているところがありますが、そこも受注生産なので大差ないでしょう。 ここは妥協してゴールドにするか?


バイク ブログランキングへ

いやいや、ここで妥協してはいけません。 自分にとってのベストで組み上げましょう。 ということで、スプロケットはそのまま継続注文にして、チェーンを一旦キャンセル。 別線でチェーンを再度注文をしましょう。

あとでわかったことですが、ウェビックでは注文の分離というのができるようです。

チェーンを注文しようと商品を検索したのですが、なぜかスクリュージョイントのチェーンがありません。 売り切れてしまったのでしょうか。 だとしたら、あのキャンセルは大失敗です。 キャンセルした注文を、注文履歴から見てみます。

するとキャンセルしたあのチェーンも、スクリュージョイントではなく、通常のカシメ式でした。 買うか買うまいか悩んでいるうちに、スクリュージョイント式はなくなってしまったようです。 こうなるとチェーンカシメツールも買う必要が出てきました。

これは想定外のことですが、今さらグダグダ悩んでも仕方ないのでチェーンカシメツールも買うことにしましょう。


 



今回駆動系3点を交換するにあたって、もうひとつ部品を入手していました。 センタースタンドです。 ヤフオクで安く落札したのですが、スプリングがなかったのでチェーンといっしょにウェビックで注文しました。

このブログを読んでいる方は、おそらくみなさんW400乗りでしょうから、ご存知のこととは思いますが、W400は足つき性を高めるためにリヤサスペンションの長さがW650より短くなっており、そのためセンタースタンドがすぐに接地してしまうという理由から、センタースタンドが装備されていません。

ですがぼくのW400は、W650用のリヤサスペンションをいれています。 これはW400用のものは種類が少なく、好みのものがなかったのでそうなったのです。 ということでセンタースタンドは問題なく取りつけられるわけです。

そのセンタースタンド、チェーンなどが家に届きました。 まずはセンタースタンドの取りつけです。 W400にはセンタースタンドはついていませんが、センタースタンド用のブラケットは用意されているので、フレーム側になんら改造は必要ありません。

付属していたボルトを使って仮組みし、センタースタンドで立ててみました。 よいコラショ うんうん問題ないね

続いてセンタースタンドが収納された状態を確認しようと、センタースタンドを解放してサイドスタンドで立たせます。 センタースタンドを上にあげてみると、あらら マフラーに当たって止まっています。 本来あたるべきセンタースタンドの付け根は、隙間が3ミリぐらいあります。 

これはだめだ この隙間になにか溶接して盛り上げないと

つづく






コメント
コメントする