main

カテゴリー

アーカイブ

オススメ



ようやく駆動系3点交換  か?

JUGEMテーマ:Kawasaki W400



センタースタンドが装着されたので、ようやくチェーンの交換を始めます。 いちばんはじめにやるのは、ドライブスプロケットの取外しです。 ドライブスプロケットの固定ナットを緩めるのに、空転防止のためにチェーンが必要だからです。 リアブレーキをかけて、駆動系全体を動かないようにします。

Wはドライブスプロケットに触るまでが結構厄介です。 まずは左のステップを外し、シフトペダルを外し、スプロケットカバーを外します。 さらにはクラッチワイヤー、最後に速度検出用センサーを取り外します。 そこでようやくドライブスプロケットがあらわになります。




バイク ブログランキングへ

ドライブスプロケットを固定しているナットは、ちょっと変わった形しています。 先端は角丸、次に角のとれた六角です。 どんな工具が最適なのかまったくわかりません。 専用工具があるようなことはサービスマニュアルにも書かれていませんでした。 とりあえず先端の四角をつかんでまわすのが間違いないようです。 工具自体の長さも必要そうなので、コンビネーションレンチを用意しました。 サイズは23です。

シートにまたがりリアブレーキを踏んでコンビネーションレンチをナットにかけます。 ぐいっ うーん まったく動きません。 こっちの体が壊れそうです

これは深追いしてはダメなやつだ

フロントスプロケットは後日会社で何とかしましょう

チェーンをカットします。 チェーンカッターを使うのですが、カットすると言っても文字通り切断するわけではありません。 チェーンのピンを押し抜くのです



そのためには、まずカシメられているピンの頭をベビーサンダーで平らに削ります。 そしてチェーンカッターの出番ですが、細かいパーツがたくさんあって、どれを使ってよいのかわかりません。 買う前にレビューを見てわかっていましたが、説明書が入っていないのです。 Wのサービスマニュアルにチェーンカットの方法が図解で説明されていたので、それを参考にパーツを選びました。 



少しずつハンドルをねじって、ピンを押していきます。 いや これは結構大変 するすると抜けるわけではありません。



表面のプレートから、二本のピンが抜ければチェーンは切り離すことができます。 チェーンカッターを何度か架け替えながら、二本のピンを押し抜きました。 切り離されたチェーンは、とりあえずそのままダランとしておいて、後で新しいチェーンの導入用に使います。

続いて、リアタイヤを外してドリブンスプロケットを交換します。 この作業は至って簡単、あっというまに綺麗なスプロケットに変わりました。 残念なのは固定しているナットが若干腐食していることです。 あーこのナットも新しいのに変えればよかった。

リアタイヤを元に戻し、チェーンを新しいものに替えます。 古いチェーンの先端に残っている、外側のプレートがはずれたリンクに新しいチェーンをつなぎます。 そのまま古いチェーンを引っ張ると、新しいチェーンがドライブスプロケットにかけられて戻ってきました。 



古いチェーンとつなぎ用のリンクをはずし、新しいチェーンの両端をドリブンスプロケットにかけて、それぞれの先端を新しいジョイントリンクでつなぎます。 このジョイントリンクにプレートを押し込んで、ピンをかしめればチェーンがしっかりつながるわけです。



つづく



 










コメント
コメントする